ホーム  >  洗濯しやすく使いやすい!シワになりにくい生地の種類と特徴

洗濯しやすく使いやすい!シワになりにくい生地の種類と特徴

2019.3.22

洋服作りをするときや、着たい洋服を選ぶとき手触り、風合い、質感、光沢感、柔らかさ…などたくさんの基準がある中で「これだ!」と思う生地を選ぶかと思います。

しかし「気に入って選んだ生地を使ってみたら、シワができて不恰好になってしまった」…そんな経験をしたことがある人も多いのではないしょうでしょうか?

そんな残念ポイントを避けるために提案したいのが、シワになりにくい生地です。ということで、今回はシワになりにくい生地の種類や特徴についてまとめました!

シワになりにくい生地については本当によくお問い合わせを頂くので気持ちを込め込めで書きたいと思います。

本記事は

・洋服や生地の洗濯でシワに悩んでいる人

・保管に気を遣わなくても良いように、シワになりにくい生地を探している人

・シワになりにくい生地の特徴を覚えて、生地選びに役立てたい人

・シワになりにくい生地を使った商品開発を検討している人

にオススメの記事となっております★

 

シワになりにくい生地の結論から

このブログを見に来て頂いたということは、シワになりにくい生地ってどんな生地なのか?ということが気になって来て頂いたのだと思います。

ということで、まずは結論から伝えたいと思います。シワになりにくい生地は次のような特徴を持っている生地になります。

 

  1. 1.ポリエステル × ニット生地
    
    2.ポリエステル × てろっとした生地
    
    3.ポリエステル × 綿ライク・麻ライクな生地
    
    4.ウール × ニット生地
    
    5.ウール × 圧縮素材
    
    6.コットン × ニット生地
    
    7.シワ防止加工が施されている生地

 

共通点としては、素材にポリエステルが使用されていること、ニット生地であることです。そのため、ポリエステル素材のニット素材。これがシワになりにくい生地ではナンバー1の組み合わせになります。

また、ウール生地も比較的シワになりにくいです。そして、コットンなどの天然素材であっても、ニット素材でしたら比較的シワにはなりづらいです。

そのためシワになりづらい服を買いたいなと思った場合は、上に書かせて頂いたような特徴を参考に購入頂くと失敗しづらいと思います。

また、シワになりづらい生地を探されている場合
生地の取扱数10000品番以上『生地問屋YAMATOMI』でお探し頂くのがオススメです。

シワになりにくい生地の組み合わせNo1のポリエステル✕ニット素材を見てみたい!という方は下のリンク先から是非ご覧になってみてください。

シワになりにくい素材のピックアップコンテンツは記事末にリンクがあるので、そちらも是非ご覧ください♪また、個人的にはポリエステルで綿ライクな生地や、麻ライクな生地もオススメです!

このあたりのオススメ素材も、ピックアップコンテンツでご覧頂けますので最後まで是非読み進めていってください。

 

⬇ シワになりにくい素材最強の組み合わせ??ポリエステル✕ニット素材

ということで、シワになりにくい生地の特徴など、結論を先に伝えさせて頂いた上で
より深堀りをして頂ける記事を書きましたので、引き続きお楽しみください!

 

シワになりにくいと何が良いの?

まず、生地がシワになりにくい場合、どんなメリットがあるのでしょうか?

さっそく見ていきましょう!

清潔な印象を与える

シワになりにくい生地を使った洋服は、生地がピンと伸びていて、着たり畳んで保管したりしても折り目やくしゃくしゃになった跡が残りずらいです。

のため、清潔でキレイな印象を与えることができます。

例えばビジネス向けのカッチリ目のコーディネートや、フォーマル寄りのコーディネートなどはシワがない方が「できる人」っぽく見えます。

フォーマルな場面ではできるだけカジュアル要素を少なくすることがマナーですので、大切なポイントですよね。

ただ、生地によっては逆に「きっちりし過ぎている」という印象も与えかねないので、私生活やカジュアル寄りの普段着では多少シワができても、抜け感が大切になるかもしれません。

その場合のオススメの生地素材は、麻・リネン・コットン素材です。

ナチュラルな雰囲気がいいですよね〜♪

合わせて読んでもらいたい
麻ライクなポリエステル生地って?魅力と活用アイテムを紹介します!

【生地LABO】リネンとは?生活に欠かせない素材の魅力と取り入れ方

 

お手入れがラク

仕事用のブラウスやYシャツを洗濯機で洗うとぐちゃぐちゃになってしまった経験ありませんか?

シワになってしまった洋服をキレイに整えるためには、干して乾いた後にアイロンをしなくてはならなくて少し面倒ですよね。

特に朝バタバタした時にアイロンがけをして、アイロンでやけどしちゃった時には、、ため息ものですよね。

その点、シワになりにくい生地は洗濯機の中で揉みくちゃにされてもシワができず、乾いた後もキレイな生地表面をキープできるんです!

アイロンがけの必要もないので、お手入れがラクになるというメリットがあるのです。

まさに主婦の味方!ですね

 

乾燥機にかけてもOK

雨の日などは洗濯をしても外に干せないので、生乾きで悩むことも多いですよね。個人的にあの生乾きの匂いがとっても苦手です。

それを避けるべく、乾燥機にかけて一気にふんわりと乾かしたいと思う人もいるでしょう。

ですが、要注意です。シワになりやすい生地だと、乾燥機にかけることでシワがついたまま乾いてしまい、通常よりも大変なことになってしまいます。

また、場合によってはめっちゃ縮んでしまい、あれ?これ子供服だっけ?となりかねません!

その点、シワになりにくい生地であれば、乾燥機で乾かしてもシワが残ることはありません!ありがとうシワになりにくい生地を使った洋服さん〜!

※生地によってはシワになりにくい生地でも乾燥機で縮んでしまうこともあるため、利用前には必ずタグの洗濯表示をチェックしましょう。

 

シワになりにくい生地の種類

そもそも、シワになりにくい生地はどうしてシワができにくいのでしょうか?それは、生地を構成している繊維や繊維の元となる素材に関係しています。

シワになりにくい素材で代表的なのが、ポリエステル、ナイロン、そしてウールです。よく聞く生地素材なので、それほど珍しくなく、手に入りやすいですよね

ポリエステルとナイロンは合成繊維(化学繊維)で、ウールは天然繊維。どちらも反対の繊維ではありますが、ポリエステルやウールでできた糸には共通して反発性があります。

そのため、シワになっても元に戻そうとする力が強いという特徴があります。

 

「反発性がある糸」ってどんな糸?

「反発性がある糸?ってどういうこと?」と思った人もいるかもしれません。「反発性」とは、力を加えられたり変形させられたりしても、元に戻ることを指します。

専門用語では、キックバックの良い生地とか言います。伸ばしても元に戻る輪ゴムのようなイメージです。

ポリエステルやウールの糸は決して輪ゴムが使われているわけではありませんが、組織上この反発性が強く、どんなにもみくちゃにしても元に戻ろうとする力が働きます。

「シワになりにくい生地には、反発性がある糸が使われている」と覚えて頂けると、他の素材との違いなども興味を持ってもらえるかもしれませんね!

 

反対にシワになりやすい生地って??

シワになりにくい生地があるということは、シワになりやすい生地もあります。ということで、シワになりやすい生地の特徴についてもご紹介したいと思います。

シワになりやすい素材として代表的なのが、リネン(麻)、コットン(綿)、レーヨン、キュプラ等です。シワになりやすい素材の多くは天然繊維で、ポリエステルなどとは逆に糸に反発性がなく

形状記憶性があるためシワになりやすいです。形状記憶性はおしゃれなデザインのアイテムを作るうえでは欠かせない要素でもあるのですが

シワという点では不利ということですね。

ただし、糸に撚りをかける加工をすることで、これらの生地でもシワになりにくくすることができるようになっています。ぞくに強撚糸などと言われています。

生地名に強撚糸など記載がされているものが該当します。

生地問屋YAMATOMIで取り扱いのある強撚糸生地

また、「シワ」はファッションの一部という認識のブランドもあり、わざとシワを作っている洋服もあります。

個人的にはナチュラルな感じの服も好きなので、シワ感を楽しめる洋服も好きです。
シワになる・ならないは個人の好みなので、どちらもおしゃれに楽しめたら良いですよね。

 

シワにならない生地の作り方がある!

シワはその生地の繊維(糸)の特徴にも左右されますが、シワにならない生地の「作り方」があることはご存知でしょうか?

シワになりやすい洋服で有名なYシャツはたて糸とよこ糸が高密度(糸と糸のスキマがほとんどない状態)に織られた織物です。スキマが無いと繊維の可動域が狭くなってしまうため、織物だと多少はシワがついてしまうんですね。

逆に、ニットやセーターなどに代表される編物は、糸をループ状にして編み込んでいくため、糸と糸の間にスキマができます。生地と生地と擦り合わせたり、くしゃっと潰してみたりしても、編物はスキマがあるため組織自体が動きやすくシワができません。

シワができにくいアイテムを選ぶときは、織物よりも編物(ニット素材)を選んでみると良いでしょう!

 

ポリエステル、ナイロン、ウールの特徴

もう少し具体的に、シワになりにくい生地の特徴についてまとめてみました!

また、その素材でどんなモノができるのかをイメージするため、シワになりにくい素材を使ったアイテムをInstagramからピックアップしています。

シワになりにくいアイテム作りをしたいとき、ポリエステル、ナイロン、ウールの3つの中からどれを選べば良いか迷ったら、「シワ」以外の特徴。雰囲気を比べて検討してみると良いでしょう。

 

ポリエステル素材の特徴と雰囲気

ポリエステルは生産量が多く、世界中で最も出回っている生地です。合成繊維なので丈夫で、長期間保管もしておける優れた生地です。

最近では、これもポリエステル素材なの??と目を疑いたくなる生地もポリエステルで出来ている場合があります。例えば、スーツっぽい生地や、ウールっぽい生地、麻っぽい生地などです。

本当時代の変化はすごいな〜と思わされます。

 

View this post on Instagram

 

#coszozo #コート #学園風 最旬新品到着!!! ★ #SALE #プロモーションが進行中です! 6999以上500円OFF 12999以上1500円OFF 18999以上3000円OFF 10000円で#送料無料! https://www.coszozo.com/items/15173568 ★ #無地 #ポリエステル #長袖 #学園風 #ランタンスリーブ #膝上 #秋冬 #POLOネック #シングルブレスト ★ 最旬秋冬新品毎日更新中 ぜひこちらへチェック~(>^ω^<)~ https://www.coszozo.com

coszozoさん(@coszozo)がシェアした投稿 –

このアウターはポリエステル製ですが、ふんわりしていて可愛らしい風合いがありますよね。毎日着るアウターには、シワになりにくい生地を取り入れることでお手入れ不要で1シーズン着ることができます。

1着だけでも重宝するアウターだからこそ、シワにならないようにしたいですね。

 

 

View this post on Instagram

 

☆スキッパーブラウス ポリエステル100%なのに 伸縮性ありとっても着やすい 素材です🤗 #スキッパーブラウス #ポリエステル #アルディの #ココラーレ #ラ・クープ #Lサイズ #ぽちゃり #スカート #ガウチョパンツ #fashion #2019ss

ココラーレなんば店さん(@cocolare_namba)がシェアした投稿 –

こちらはポリエステル100%のスキッパーブラウス。透け感がありキレイな形ですが、シワになりにくい生地で作ることでその美しさを崩さない優秀アイテムになっています。

キレイめブラウスなら、ビジネスシーンでも役に立つでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

たなーか(@tanaka12121)がシェアした投稿

立ったり座ったり、歩いたり走ったりすることで、ボトムスはお尻や裾の部分にシワができやすくなっています。そこでシワになりにくいポリエステルを活用してシワができないようにしました!

安心して繰り返し履けるスラックスなら、仕事にプライベートにと活躍しそうですね。

 

ナイロンの特徴

ナイロンも生産量が多い合成繊維ですが、ポリエステルよりも丈夫で耐久性が高いのが特徴です。弾力性がありますが、生地が伸び縮みしたり型崩れしたりすることはありません。

摩擦に強いため、スポーツウェアやアウターなど「頑丈さ」が求められるアイテムに使われることが多いですね。ポリエステル同様、速乾性もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

本多大斗 HondaYamato(@iam___99___)がシェアした投稿

ナイロン素材のファッションアイテムと言えばジャケット。シャカシャカとした素材のジャケットは特に若い世代の男女に人気です。光沢もあるため、色やデザイン次第では高級感も出せます。

 

 

View this post on Instagram

 

男も女もサマになる絶妙サイジング! 大きすぎず小さすぎない。シンプルな作りで、どんな服装にも合わせやすい。 #ボディバッグ #メンズ #レディース #ワンショルダー #斜めがけバッグ #斜めがけ #スクエア #四角 #ワンショルダーバッグ #ナイロン #通勤 #通学 #お洒落 #便利

syanemaroさん(@syanemaro)がシェアした投稿 –

ナイロン素材はバッグに使うことで、頑丈で耐久性の高いバッグが出来上がります。布製のバッグはシワになってしまうこともあるため、ナイロンが使われていることが多いですね。
スポーティなバッグならボディバッグかナップサックがオススメです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@keeshop__がシェアした投稿

厚めのYシャツは、アウターとしても着れるので肌寒い時期に役に立つアイテムです。ナイロン製にすることで耐久性を上げ、シワを出にくくして長く愛用できるアイテムに仕上げていますね。

あえて小さな細かいシワがありますが、カジュアル度を増しつつ不要なシワは増えないのでおしゃれです。

 

ウールの特徴

ウールは羊毛や獣毛でできた天然繊維で、セーターやニット、敷物などに使われている有名な素材です。速乾性は低いものの吸湿性は高く、汗をかいても1日中サラサラの状態でいられます。

また、冬は暖かく夏場は涼しく過ごすことができるのも、ウールの良いところだと言えるでしょう。多少シワになっても蒸気を当てることですぐに元に戻るため、豆知識として覚えておきましょう!

 

View this post on Instagram

 

VaCanZa MORIUCHI ウール・ステンカラーコート wool・Balmacaan #VaCanZaMORIUCHI #ステンカラーコート #balmacaancoat #ウール #wool #ファッション #fashion #メンズファッション #mensfashion #カジュアルファッション #Casualfashion #大人ファッション #adultfashion #トレンドファッション #fashiontrend #30代ファッション #30sfashion #40代ファッション #40sfashion #大人おしゃれ #遊び心 #紳士 #楽しむ #2019AW #展示会 #ファッションワールド東京2019春 #日本#熊本 #JAPAN#kumamoto

VaCanZaさん(@v.mori.uchi)がシェアした投稿 –

ウールコートは柔らかな風合いで、春先まで着ることができます。

シワになりにくいので、丈が長くて座ったり立ったりを繰り返しても、お尻の部分をキレイにキープすることができます。

 

 

View this post on Instagram

 

【#ハンドメイド #handmade #手作り 】 . * . —-*ハンドメイド記録*—- . #ハル服 . [息子服] . #オリジナル #パターン #オリジナルパターン . #リメイク . 100size / wool . . #肩タック ブラウス . 出来上がった順番バラバラ、、。 . これは大分前に出来上がって着せてたもの。 . 忘れてたシリーズ。 . . またまた まさりん(父)の服をリメイク . ちょっとくたってるけど笑 . でもほぼ新品のシャツをリメイクしたよ♪ . 九州旅行にも着ていっていました◎ . . 肌触りは、、チクチク系。 . 案の定 素肌に当たると嫌がるので . 下をハイネックにしたり . 素肌に当たらないように工夫して着せてます笑笑 . . . * . . . #チクチク #wool #ウール #毛織物

maki.mさん(@maaaaachan25)がシェアした投稿 –

シワができないアイテムを作りたいときは、思い切ってニットやセーターなど編物類を作るのがオススメです。編み方を工夫して目の詰まったニットからざっくりニットまで作れます。

扱い方に気をつければ、長く愛用することもできますよ。

 

 

View this post on Instagram

 

■マポエジー■ Mapoesie… 「私の詩」という意味を持つ、フランス発のブランド。 1点ずつ手織りされた、やわらかく上質なスカーフは、伝統的な職人技への尊敬と愛情をもとに作られています。 特徴的なデザインがコーディネートのポイントに♪ #マポエジー #Mapoesie #ストール #マフラー #スカーフ #ストール #stole #手織り #秋冬 #やわらかい #Wool #ウール #個人事業主向け #企業向け #会員制サイト #卸 #卸し #卸売り #卸売 #仕入れ #仕入 #仕入れ販売 #仕入サイト #ネット販売 #ネット卸し販売 #ブランドイエス #brandyes

BrandYesさん(@brandyesjapan)がシェアした投稿 –

スカーフ類はシワがあるとなんだかお手入れが行き届いていないイメージになりますよね。そのため、ほとんどがウールを素材にして作られています。

ウールは色染めしやすく色落ちもしにくいので扱いやすいですよ。

 

オススメのシワになりにくい生地

シワになりにくい生地でどんなアイテムが作れるかイメージはついたでしょうか?
レディースからメンズまで幅広く使用されていますね!

ということで、YAMATOMIスタッフがオススメするシワになりにくい生地をご紹介します。

 

TUMUGITO shark check

ツイード調ポリエステル生地で、タータンチェック柄が大人っぽく見せてくれます。

 

フロールストレッチサテン

こちらの生地は柔らかな風合いで、上品な光沢を発するポリエステル製サテン生地です。

 

ナイロンブライトジェットタフタ

小さく細かなシワのみを残し、カジュアルなアイテム作りに役立てられるナイロン生地です。

 

Brushed Nylon

滑らかな表面を持っているナイロン100%の生地で、落ち着いた色を揃えています。

 

GIULIA DBL MOSSA

ボリュームがありながら、軽くて扱いやすいウール生地です。

 

2/60 × 1/24フラノストライプ

おしゃれなストライプ柄のウール生地はトップスからボトムスまで幅広く活用できます。

その他にも、生地問屋YAMATOMIで取り扱っている
“シワになりにくい”生地をPICK UPしましたのでご覧ください!

※👆画像クリックで商品一覧ページに移動できます

シワになりにくい生地を選ぼう!

いつも着る服が毎回シワになって困る…

そんなときには、シワになりにくい生地を選ぶだけで洋服のお手入れがラクになります!

洋服作りにおいても着る人のことを考えた洋服を作ることは大切なポイントです。

また、シワになりにくい生地や糸の特徴を覚えておけば、生地選びに迷った時の助けにもなるでしょう!


生地の仕入れなら生地問屋YAMATOMIにおまかせください

生地問屋YAMATOMIでは、アパレルメーカー様はもちろん、個人のハンドメイド作家さまにも少ロットから短納期で生地を販売しています!とにかく種類が豊富なのが自慢です!

まずはサイトでどんな生地があるのかな~とチェックしてみてくださいね!また、オシャレなカフェ風のオフィスでは、実際に生地見本を自由に回覧することも出来ます。

● 創立70年老舗生地卸商の山冨商店が運営する仕入れサイトです
● 約50社のテキスタイルコンバーターとの正規取次問屋です
● 約8,500品番を取扱い、色・柄を含めると約120,000点から仕入れ可能です
● 全ての生地をWebサイトにカタログ掲載しています
● 生地の種類・素材・柄・目的に合わせて生地の検索ができます
● 5品番まで生地見本帳を無料で取寄せができます(中には有料のものもあります)
● 原反での仕入れはもちろん、カットオーダーで1m〜購入ができます(カットの場合カット賃がかかります)
● 大坂本町にあるショールームで全品番の生地サンプルを実際に触り見ることができます

また、山冨商店では IT × デザイン を時代にあわせて取り入れているので
生地の検索から画像を通しての生地確認、サンプル帳での生地風合い確認
生地のオーダー、見積書確認、正式の注文、決済まで流れるようにご利用が頂けます。


法人様・事業者様向けにビジネス会員をご用意しています。

生地問屋YAMATOMIでは、法人様や個人事業主様を対象にビジネス会員のカテゴリーをご用意しています。
ビジネス会員になると

● ビジネス会員価格で表示、購入ができる
● サンプル帳の取寄部数が7部まで利用できる
● 掛決済(Paid決済)を利用できる

など、価格面、支払い方法で事業者様にご納得頂けるサービスをご用意しております。

事業者様で継続したご利用をご検討のお客様は是非ご登録ください。
※ご登録後、Paid利用可能か審査を行います。Paidについてはこちらをご確認ください

● Webカタログ回覧&Web購入
https://yamatomi.biz

● ショールームスペースでのサンプル帳回覧
(大阪市中央区船場中央2-1-4船場センタービル2階 平日10:00〜16:30)
※ショールームでのご注文は承っておりません。サンプル帳の回覧のみとなります。
https://yamatomi.biz/user_data/company.php

● お問い合わせ
お問い合わせページはこちら
または info@yamatomi.bizまで


一覧へ戻る

山冨サイトへ戻る
  • facebook
  • twitter
  • instagram

PICK UP
  • ONE POLE MINI TARP(ワンポールミニタープ)で作る小さなくつろぎの空間

  • 生地サンプル見放題!生地問屋YAMATOMIショールームが更に使いやすく居心地の良い空間になりました★

人気の記事
    • 身の回りにあるベーシックな生地の種類と名前を覚えよう

    • ジャガード生地とは?特徴や作り方など上品なジャガード織りの魅力

    • 洗濯しやすく使いやすい!シワになりにくい生地の種類と特徴

    • デニム生地の「オンス(oz)」とは?自分に合うデニムの見分け方

    • 【繊維素材LABO】テンセルってどんな素材?最高の着心地を実現してくれるテンセルの特徴とメリット・デメリットまとめ


Copyright © YAMATOMI All Rights Reserved.