ホーム  >  【FABRIC∞LIFE】まいにち布や様インタビュー ~ お母さんと子どもの『ほしい』を叶える通園通学バッグのお店〈まいにち布や〉さま ~

【FABRIC∞LIFE】まいにち布や様インタビュー ~ お母さんと子どもの『ほしい』を叶える通園通学バッグのお店〈まいにち布や〉さま ~

2023.2.21

まいにち布や様インタビュー

生地問屋YAMATOMIに「裁断サービス」があることをご存知ですか?実はハンドメイド作家様から大手企業様まで幅広い業界の皆様にご好評いただいています。

実際にお客様がどのように利用しているか皆さんに知ってほしい!とYAMATOMIのスタッフが考え、日頃ご愛顧いただいているお客様に協力いただき取材企画が始まりました。 第1回目は通園通学バックのお店<まいにち布や>のmacoさんにお話を伺いました。

 

ーー本日はよろしくおねがいします。まずはお店を立ち上げた経緯やきっかけを教えていただけますか。

私が本格的にハンドメイドを始めたのは息子を出産してからなんです。息子は小さい頃から肌が弱く、肌に優しい生地でお洋服を作ることがきっかけでした。

昔から物作りは好きでしたが、仕事や家事が忙しく作れてなかったんです。久しぶりに作り始めるとこれがとても楽しくて(笑)そこから息子の持ち物も手作りするようになりました。

 

ーーお子さまの洋服作りがきっかけだったんですね。通園通学バックを専門に作られているのはなぜですか?

当時はキャラクター物の柄ばかりでオシャレな柄のバッグが無かったんですよ。あと、お店でオーダーメイドも受けているんですが、園や学校によってサイズ指定が様々なんです。マチや持ち手のサイズが○○cmじゃないといけなかったりしてすごく細かくて(笑)入園入学前って準備で忙しいのに働いているお母さんは手作りする余裕なんてないですよね。

そこで「お母さんたちの役に立ちたいな」と思い、バッグの制作を本格的に始めることになりました。

和裁で裁縫の基礎を身につけて以後は独学でスキルを身につけた

 

ーー手作りする時間がないお母さんたちにとってはオーダーメイドで作れるのはありがたいですね!ではYAMATOMIを知ったきっかけはなんでしたか?

お客さまにバッグを届けるうちに長く使っていただきたいと思うようになりました。始めは手に入りやすい生地を使っていましたが、もっと良い生地を安定して仕入れていきたいと考えたときにYAMATOMIさんに出会ったんです。

YAMATOMIさんはたくさんサンプル帳があって、遠方からでも取り寄せすることができます。色んな生地を手にとって見れますし、相談するとスタッフの方がすぐに親身に対応してくれてとても助かっています。

YAMATOMIを知ったきっかけ

ーー裁断も頼もうと思ったきっかけや出来事があれば教えていただけますか。

1人で生地の仕入れから裁断、縫製から配送の手配まで全ての作業をやっているのでとにかく時間が足りないんです。繁忙期はずっと制作に追われているので他の作業になかなか手が回らなくて。

このままではいけないと思ってどうしようかと考えた時にYAMATOMIさんのサイトに「裁断ができる」と書いていて「これだ!」と思いすぐに相談しました。

裁断も頼もうと思ったきっかけや出来事

ーー1人で活動されている作家さん共通の悩みかもしれませんね。裁断を初めて注文した後はどのようなメリットを感じられましたか。

大量の生地を一人でカットしていたこともあり、以前から腱鞘炎に悩まされていたんです。でもYAMATOMIさんにお願いしてからはその症状が良くなったんです。裁断の作業が思っていたより自分の手に大きな負担がかかっていたようでした。

そして生地の収納スペースがコンパクトになったことで作業スペースが広くなりました。以前は生地を筒で注文していたので保管場所を確保するのが大変だったんですよ。依頼する前に考えもしなかったメリットでした(笑)

 

ーー確かに裁断サービスを利用しないと思いつかないメリットですね!

そうなんです。他の作家さんは裁断を個人の方に頼まれる人もいるそうですが、私がお願いしたい量はとても多くて50mの巻きの生地で裁断しないといけない。誰かにお願いするのも気が引けたんです。

でもYAMATOMIさんにお願いすると裁断工場がやってくれるので頼みやすいですし仕上がりもきれいでとても満足しています。

裁断サービスを利用しないと思いつかないメリット

ーーYAMATOMIの裁断サービスを利用することでより制作活動に集中できるようになったと話してくださったmacoさん。
最後に今後の展望や目標があれば教えていただけますでしょうか。

子供が大きくなるにつれて家が手狭になってしまい一昨年に古民家に引っ越ししたんです。今の家に広々した庭があるのでそこにアトリエを作りたいなと思っています。

最近1人で出来ることに限界を感じていて今後は誰かにお手伝いしてもらうことも考えています。自分がいいと思ったものをもっとたくさんの方に届けられるようにブランド展開をしていければと考えています。

実は去年父が亡くなったんですが、亡くなる前に話をしたときに「俺は人生に悔いはないから」と言ったんです。その言葉を聞いてすごいなと思って。私も父のようにやりたいことにチャレンジして悔いのない人生を送りたいと思っています。

取材のご協力ありがとうございました!

取材・文:濱本由麻

協力:通園通学バックのお店<まいにち布や> maco様(https://mainichinunoya.com/)


一覧へ戻る

山冨サイトへ戻る
  • facebook
  • twitter
  • instagram

PICK UP
  • 【FABLIC∞LIFE】ALAGAMO〜国内製造にこだわったサウナハットを製造している「ALAGAMO」川名様〜

  • 【FABRIC∞LIFE】Woo縫製様〜「気軽に着られてカジュアルすぎない大人服」をコンセプトにしたアパレル製作販売「woose 」西出様〜

  • 【FABRIC∞LIFE】日ノ目スタヂオ様〜福岡県朝倉市の伝統工芸「甘木絞り」という絞り染めの制作をされている日ノ目スタヂオ・西村様〜

  • 【FABRIC∞LIFE】ぽぽねこ様〜常に猫ファーストな商品を世に送り出している、ぽぽねこ栗山様〜

  • 【生地問屋YAMATOMIの新サービス】撥水加工を承ります!

人気の記事
    • 身の回りにある生地の種類と名前を一覧で解説!服に使われる生地は?

    • 【繊維素材LABO】テンセルってどんな素材?最高の着心地を実現してくれるテンセルの特徴とメリット・デメリットまとめ

    • ジャガード生地とは?特徴や作り方など上品なジャガード織りの魅力

    • デニム生地の「オンス(oz)」とは?自分に合うデニムの見分け方

    • 布をまっすぐ切るには?生地裁断のやり方とコツをチェック!


Copyright © YAMATOMI All Rights Reserved.