ホーム  >  冬ランに最適なランニングウェアは?肌寒い朝晩でも快適に走る方法

冬ランに最適なランニングウェアは?肌寒い朝晩でも快適に走る方法

2023.1.5

冬はランナーにとって試練の季節。寒さで筋肉が硬ってしまったり、乾燥で肌が荒れたりなど、大変なことがたくさんありますよね。

その一方で、冬にランニングをするメリットもあります。寒い冬は体を暖めるために体温が高くなり、脂肪燃焼効果が期待できたり、走ることによって血液を循環させ、冷え性改善や体力づくりが可能です。そういえば学生も、体育でマラソンを行う季節が冬であることが多いですよね。

そんな冬でも快適に走るポイントは、ランニングウェア選びにあります。今回は冬ランに最適なウェア選びについて解説します。

 

冬のランニングで注意したいこと

まずは初心者ランナー必見!事故や怪我、風邪などを防止するために、冬のランニングで注意したいことを4つ見ていきましょう。

まずはウォーミングアップ

基本としてランニング前にはウォーミングアップが欠かせませんが、冬ランのウォーミングアップは念入りに行いましょう。

人は寒さで筋肉が硬直してしまうのと、寒さゆえに身を縮めてしまう生理的反応があるため、スムーズに手足を動かせません。その状態で急に走り出すと思ったように走れませんし、場合によっては怪我や事故につながることもあります。

ランニング前は筋肉を動かす、曲げ伸ばしするなど、しっかりウォーミングアップを行い、筋肉の強張りを取ってから走りましょう。

 

防寒よりも防風を

ランニング中は冷たい空気がつらい……と思うのも、実は最初の数分だけ。家を出たときには寒さで震えていた体も、しばらく走っているとぽかぽかと暖かくなっていきます。

そのため、冬のランニングで最も重要なのは、実は防寒ではなく、防風なのです。

暖まった体からは汗が出てきますが、実はこの汗が風にさらされ、冷えることにより、寒さを感じやすくなります。走っている間は暖かかったのに、走り終わった後に急に寒くなったという経験があるのではないでしょうか?

そのためウェア選びの際には、防寒はほどほどに、しっかり防風できるウェアを選びましょう!

 

体温調節しやすいウェアを選ぶ

走っているとだんだん体温が高くなり、その日の気温や太陽の照射具合によっては夏のような暑さに感じることもあります。

先述したように暖かくなれば発汗しますが、汗を大量にかくことで脱水症、さらにかいた汗が急激に冷えることで風邪をひくリスクが高まります。

「今日は暑くなりそうだけど、冬だし薄着にしたら逆に寒いかな」と思って着込むのはNG。できればいつでも脱げるようにアウターを着ていくなど、体温調節しやすいランニングウェアを選んでくださいね。

 

意外と甘くなりやすい紫外線対策

夏のピークほどではないにしろ、冬でも紫外線は常に降りそそいでおり、たとえ日焼けはしなくても肌の乾燥やシワ、シミなどを招きます。しかし冬は暑さを感じにくいためか、紫外線対策が意外と甘くなりがちなのです。

若いうちは気にならないかもしれませんが、年を重ねると肌トラブルが目立ってくるため、若いうちの紫外線対策がとても重要。

長くランニングライフを送りたい人ほど、紫外線対策も抜かりなく行いましょう!

 

冬に最適なランニングウェア

ランニングウェアには幅広い種類のものがありますが、上記の注意点をふまえたうえで、冬に最適なランニングウェアとはどんなものでしょうか?

「とりあえずこれを押さえておけば冬ランも安心!」のランニングウェアの種類をご紹介します。

 

吸水速乾インナー

冬ランはトップスやボトムスよりもインナー選びに重点を置きましょう。

インナーは吸水速乾性に優れたものを選ぶのがポイント。走っている間にかいた汗が、走り終わるまでに乾いているという状態であれば、汗が急に冷えて寒くなる心配がなくなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomoaki/M(@t.mizuguchi_boss)がシェアした投稿

また「コンプレッションインナー」と言って、筋肉に程よく圧をかけて走っている間の筋肉のブレをなくし、ランニングパフォーマンスを上げるインナーもあるので、合わせて検討してみてくださいね。

 

ニットトップス

アウターと長袖インナーさえ工夫できれば冬ランのトップスは半袖Tシャツでもかまいません。それでも「寒さに弱い!」という人は、薄手のニットトップスを選びましょう。

ニットトップスといっても種類は幅広いですが、オーソドックスなフライス生地やジャージー生地のものでOK。伸縮しやすく、そこそこ保温性が確保できれば問題ありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@maimai.m12がシェアした投稿

ランニングトップスは、たとえば前面は通常のニット生地、ワキや背面など汗をかきやすい部分はメッシュ生地など、部位によって違った生地が使われ、より快適性が高められているものも多いです。

 

ランニングタイツ

冬ランは足元もとても寒いので、ランニングタイツの着用がオススメです。ランニングタイツは防寒効果だけでなく、走るときの足の動きをサポート、発汗後の急激な冷えを防止する働きもあります。

最近は可愛い柄のランニングタイツにショートパンツを重ね、レイヤーを楽しむファッションも人気ですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ASICS Running JP|アシックスランニング(@asicsrunning_jp)がシェアした投稿

走るためのパーツである足に直接的に関わるウェアなので、徹底的にこだわるのもいいですね。夏用・冬用でも違いがあるので、保温性+吸水速乾性に優れたタイツを選びましょう。

 

ウィンドブレーカー

冬ランには欠かせないアイテムがウィンドブレーカー。防風性にとても優れたアウターで、風がウェア内部に入らないようにすることで、汗の冷えを防ぎ、保温性を高めてくれます。

ただランニングに適したウィンドブレーカーは意外と薄手で「これで本当に寒くないの?」と不安になる人もいるでしょう。そんな人は、裏起毛タイプのウィンドブレーカーもありますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ELDORESO®︎(@eldoreso)がシェアした投稿

アウターを着ることは走りやすさやフォームにも影響するため、実際に試着して両手を大きく動かし、自分に合うアウターかをしっかり見極めましょう。

 

ランニングキャップ

紫外線対策には日焼け止めを塗るのはもちろんですが、ランニングキャップを身に着けるとさらに安心です。

また、直接風を受けることで頭の冷えや耳の冷え、冷えによる痛みが気になる場合もあり、ランニングパフォーマンスを下げてしまう可能性も。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ELDORESO®︎(@eldoreso)がシェアした投稿

野球帽のようなツバのあるキャップタイプは日差しを遮れて、視界も良くなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

牛田スポーツ/ウシダスポーツ(@ushidasports_toyohashi)がシェアした投稿

頭が冷えるのを避けたい人は、ニット素材のビーニータイプもいいですね。

 

秋冬用ランニングウェアにオススメの生地

秋冬という寒い時期にランニングをする人に欠かせないウェア。そして、そのウェアに欠かせない生地にはどんなものがあるのでしょうか?

今回はランニングウェアに適した生地を4種類ご紹介します。

さらに、YAMATOMIオススメの生地をピックアップしたので、ウェア作りにもご活用ください!

 

フリース生地

秋冬の定番生地といえば、起毛が暖かいフリース生地。トップスやアウターに取り入れれば寒さが和らぎますよ。

実はフリース生地って保温性があるだけでなく、吸水速乾性や軽量性にも優れ、極寒の冬ランにも適していると言えます。裏起毛のフリース生地もオススメです!

 

【オススメの生地】

4WAY STORMFLEECE™

縦横左右、自在に伸びるほどストレッチ性が高く、体を大きく動かすランニングウェアにぴったり!さらに防風性、撥水性などもあり、とても機能的な生地です。

 

クールタッチ サーモフリース

フリース素材で気になるのが、暑くなりすぎること。こちらのフリース生地であれば吸湿速乾性があるため、湿気で暑くなる前に蒸気を放出し、程よい温度をキープしてくれますよ。

 

プラスリッチ ヒートウォーム フリース(吸湿発熱)

ピリング(毛玉)が発生しにくく、使用頻度の高いランニングウェアに向いています。さらに吸湿発熱効果があり、走り始める前の寒さも心配なし!アウターの裏地などにいかがでしょうか?

 

NEON フリース

ネオンカラーがランニングのモチベーションを上げてくれるだけでなく、暗い時間帯にも周りに見えやすいため、安心してランできますよ。毛玉ができにくいのもポイントです!

 

ドライタッチ生地

その名の通り、さらっと乾いたような肌触りが特徴のドライタッチ生地は、吸水速乾性が抜群。特にインナーに向いている生地ですね。

ドライタッチ生地=夏というイメージが強いですが、スポーツやインナーに関しては、季節問わず使える優秀さです。

 

【オススメの生地】

ランディ ドライタッチ 強撚スムース

薄く軽い風合いで、クリアな表面感とドライタッチが魅力の生地です。カラーバリエーションが豊富で、シーズンを問わずトップスやインナーなどに向いています。

 

強撚SZドライタッチニット広巾

ストレッチ性があるため、ランニングはもちろんさまざまなスポーツウェアに活用できるニット生地です。トップスはもちろん、ランニングタイツにもお使いいただけます。

 

トリアセテートドライスムース

薄く軽い風合いで、清涼感あるドライタッチが魅力の生地です。ストレッチ性とドレープ性に優れており、春夏のワンピースやトップス、秋冬ならインナーなど、幅広いアイテムに向いていますよ。

 

シャインクール40スムース

柔らかな風合いはもちろん、抗菌、消臭、UVカット、抗菌防臭、抗ピリング、吸水速乾の機能がある生地。ランニングインナーにオススメなので、ぜひご活用ください!

 

ジャージー生地

ジャージー生地とは、簡単に言えばニット生地の別名です。メリヤス編みにすることで程よく伸縮性を持たせ、どんなスポーツウェアにも使いやすい生地になりますよ。

動きやすく、程よい厚みが暖かいため、ランニングウェアのトップス向き。

 

【オススメの生地】

Colorful Fleece

裏起毛ジャージーなら、秋冬のランニングウェアにぴったり!トップスやアウターなどにお使いいただけます。4WAYストレッチで、走っている間も動きやすいですよ。

 

スーパーハイゲージ コンパクト タフタジャージー

薄く軽い風合いで、高密度特有のクリアな表面感とハリ感が魅力の生地です。スポーティーからキレイめまで幅広いアイテムにお使いいただけます。

 

urbane single ジャージー

キメが細かくなめらかで、光沢感があって上品な印象のある生地です。毛羽立ちにくく、きれい目のランニングウェアにいかがでしょうか?

 

ニュージャージーマル

薄手でしなやかな風合い、コンパクトな表面感が大人な印象の生地です。吸水や透け防止など多機能な生地で、ランニングトップスなどのスポーツウェアの他にも、普段使いのカジュアルウェアにもオススメです。

 

ポリエステルやナイロン素材

最後は生地というよりも「素材」になりますが、ポリエステルやナイロンなど、合成繊維と呼ばれる素材がランニングウェアに適しています。

その理由は加工のしやすさ。例えばウィンドブレーカーは防風性を上げるために繊維の撚り方や織り方、加工方法に工夫がされていたり、UVカット加工や雨の日のランでも安心な撥水加工の施しやすさの面においても、合成繊維が優秀です。

逆に天然繊維(コットンやウールなど)は、素材そのもののスペックは高いですが、特に機能性が求められるスポーツウェアにはどうしても物足りなさがあります。

 

【オススメの生地】

KEMIA 2LYR ONE TC

撥水性・防風性を持っており、アウターとして活用すれば雨の日のランニングも快適です。風が入り込むことによる寒さも軽減できます。

 

Polyester/Nylon High Density Mil Cloth

防風性、撥水性を高めつつも通気性をも確保し、スエードのような風合いに仕上げた上品な生地です。高密度のため、特にアウターに向いていますよ。

 

MU-TECH 防風撥水ストレッチ

防水性とストレッチ性を持ち合わせており、雨の日のランニングにぜひ活用していただきたい生地です!またUVカット効果もあるので、もちろん晴れた日のランにも使えますよ。

 

スパンナイロンワッシャー

スパンタッチのナイロン生地で、綿のようなナチュラルな風合いが特徴。撥水性、防風性、UVカット機能があり、軽くてウィンドブレーカーなどのアウターにオススメです。

 

生地問屋YAMATOMIでは、ご相談いただければ作りたいアイテムや施したい加工により適したポリエステル生地・ナイロン生地をご提案できますので、ぜひお問い合わせくださいね。

 

ランニングウェアで快適で安全な冬ランを楽しもう

冬のランニングのパフォーマンスは、ランニングウェアで左右されると言っても過言ではありません。走りやすさに加え、防寒や保温性、汗が冷えるのを避けるなど、安全面という意味でもウェア選びはとても大切なこと。

寒い冬だからこそ、自分にぴったりのランニングウェアを選び、快適で安全な冬ランを楽しみましょう!

 

生地の仕入れなら生地問屋YAMATOMIにおまかせください

生地問屋YAMATOMIでは、アパレルメーカー様はもちろん、個人のハンドメイド作家さまにも少ロットから短納期で生地を販売しています!とにかく種類が豊富なのが自慢です!

まずはサイトでどんな生地があるのかな~とチェックしてみてくださいね!また、オシャレなカフェ風のオフィスでは、実際に生地見本を自由に回覧することも出来ます。

● 創立70年老舗生地卸商の山冨商店が運営する仕入れサイトです
● 約50社のテキスタイルコンバーターとの正規取次問屋です
● 約8,500品番を取扱い、色・柄を含めると約120,000点から仕入れ可能です
● 全ての生地をWebサイトにカタログ掲載しています
● 生地の種類・素材・柄・目的に合わせて生地の検索ができます
● 5品番まで生地見本帳を無料で取寄せができます(中には有料のものもあります)
● 原反での仕入れはもちろん、カットオーダーで1m〜購入ができます(カットの場合カット賃がかかります)
● 大坂本町にあるショールームで全品番の生地サンプルを実際に触り見ることができます

また、山冨商店では IT × デザイン を時代にあわせて取り入れているので
生地の検索から画像を通しての生地確認、サンプル帳での生地風合い確認
生地のオーダー、見積書確認、正式の注文、決済まで流れるようにご利用が頂けます。


法人様・事業者様向けにビジネス会員をご用意しています。

生地問屋YAMATOMIでは、法人様や個人事業主様を対象にビジネス会員のカテゴリーをご用意しています。
ビジネス会員になると

● ビジネス会員価格で表示、購入ができる
● サンプル帳の取寄部数が7部まで利用できる
● 掛決済(Paid決済)を利用できる

など、価格面、支払い方法で事業者様にご納得頂けるサービスをご用意しております。

事業者様で継続したご利用をご検討のお客様は是非ご登録ください。
※ご登録後、Paid利用可能か審査を行います。Paidについてはこちらをご確認ください

● Webカタログ回覧&Web購入
https://yamatomi.biz

● ショールームスペースでのサンプル帳回覧
(大阪市中央区船場中央2-1-4船場センタービル2階 平日10:00〜16:30)
※ショールームでのご注文は承っておりません。サンプル帳の回覧のみとなります。
https://yamatomi.biz/user_data/company.php

● お問い合わせ
お問い合わせページはこちら
または info@yamatomi.bizまで


一覧へ戻る

山冨サイトへ戻る
  • facebook
  • twitter
  • instagram

PICK UP
  • ONE POLE MINI TARP(ワンポールミニタープ)で作る小さなくつろぎの空間

  • 生地サンプル見放題!生地問屋YAMATOMIショールームが更に使いやすく居心地の良い空間になりました★

人気の記事
    • 身の回りにあるベーシックな生地の種類と名前を覚えよう

    • ジャガード生地とは?特徴や作り方など上品なジャガード織りの魅力

    • 洗濯しやすく使いやすい!シワになりにくい生地の種類と特徴

    • デニム生地の「オンス(oz)」とは?自分に合うデニムの見分け方

    • 【繊維素材LABO】テンセルってどんな素材?最高の着心地を実現してくれるテンセルの特徴とメリット・デメリットまとめ


Copyright © YAMATOMI All Rights Reserved.