ホーム  >  リボンや装飾にぴったりのグログランって知ってる?グログラン生地の特徴と魅力について解説

リボンや装飾にぴったりのグログランって知ってる?グログラン生地の特徴と魅力について解説

2022.6.30

「グログラン」という生地は、あまり聞いたことがない人が多いかもしれません。ですが、装飾用のリボンや帽子、ドレスなどにも使われている意外と身近な生地です。

特に手芸屋モノづくりをしている人なら、どこかで使ったことのある生地かもしれませんね。

装飾用だけでなく、アパレル製品等、さまざまなアイテムに使える魅力的な素材であるにもかかわらず、知名度が低いグログラン。そこで本記事では、グログランの知名度を上げるべく、その特徴や魅力をお伝えしていきます!

 

リボンに使われる「グログラン」ってどんな生地?

グログラン生地がよく使われている定番アイテムといえば、リボンです。

「リボン=つやのあるサテン生地」というイメージが強い人も多いかもしれませんが、柔らかなサテン生地に対し、グログラン生地のリボンはしっかりとコシがあってしなやか。そのため形崩れしにくく、衣類や小物の装飾に向いているのです。

グログランは、簡単に言えば畝(うね)のある平織りの織物のこと。たて糸に細い糸、よこ糸に太い糸を使い、固く密に織ることで、よこ方向に凹凸が生まれます。

ローマ字で「Grosgrain」と書き、これは「大きな」という意味の「gross」と、「穀物のつぶ」「木目」という意味の「grain」を組み合わせた言葉です。表面に木目調の大きな畝があることを表現している名前なのです。

生地に使用される素材は、元々は絹(シルク)が使われていました。現代ではコットンが主流で、ポリエステルやレーヨンなどの化学繊維、さらに羊毛など、幅広く使われています。

参考:グログラン の特徴 – 生地事典サイト Fabric Summary

 

グログランの特徴と魅力、弱点とは?

では、グログランにはどんな特徴があるのでしょうか?

ここでは特徴と魅力について見ていきましょう!合わせて、弱点も解説するので参考にして見てくださいね。

 

凹凸があり、光沢感がある

グログランはよこ畝が太く、はっきり見えるのが特徴です。密に織られ、この凹凸をしっかり出すことで、光を反射しやすくなることがポイント!光の当たる角度によって美しく輝いて見えますよ。

素材が綿やポリエステルだとしても、絹顔負けの光沢感を発します。マットな質感の生地よりも、つやのある質感の生地の方が上品に見えますよね。

凹凸は手触りにも影響します。ただ、ザラザラしているため直接肌に当たるとかゆく感じる人も。できれば直接肌に触れない装飾部分やバッグなどに使うと良いですね。

 

適度に硬く、厚みがある

糸を密に織っているので、グログランの風合いは硬め。なおかつ、厚みがあって重めです。

適度に硬いということは、コシがあるとも言い換えられます。リボンを結んだとき、キレイなリボン型をキープしたいときにグログランがピッタリ!

他にもカバンやアウター、衣類など、形を固定させたいアイテムにはグログランが使いやすいでしょう。

逆に言えば、ドレープは出にくいです。ただ、ドレープ性のある生地×グログランの装飾はとても相性が良いので、ぜひ組み合わせて見てください!

 

ハリがあってしわになりにくい

グログランにはしっかりとしたハリがあり、しわになりにくいことも特徴。お気に入りのスカートがしわだらけになってアイロンが大変……なんて事態が起きにくいです。

もし、しわができてしまってもアイロンで簡単に伸ばせてイージーケア。また、変形しにくいので型崩れも起こりにくいです。堅牢度が高いからこその魅力ですね!

 

重厚感や高級感を感じられる

よこ畝のある生地ってどこか無骨な印象を持つかもしれませんが、グログランはそこに上品な光沢感も加わるため、意外とエレガントな生地です。

重厚感や高級感を感じられるので、まさにフォーマルウェアにピッタリ。

エレガントに見せたい、高級に見せたい、ゴージャスに見せたい……そんなアイテムにこそ、グログランが真価を発揮してくれるでしょう!

 

グログランのお手入れ方法!洗濯しても大丈夫?

結論から言えば、グログラン生地は家庭で洗濯してもOK!

大切に扱い、少しでも長く愛用するためにオススメなのは、洗濯ネットに入れて洗う方法です。加えて、洗濯機のおしゃれ着洗いコースや手洗いコースなど優しいコースを選んで洗うのも良いでしょう。

そもそもグログランは、直接肌に触れるアイテムに使われることは少ないため、ゴシゴシ洗わなくても十分に汚れが落ちますよ。

すぐに乾きやすく、乾いたらノーアイロンでそのまま着られます。

 

グログランが使われているアイテム

では、実際にグログランはどんなアイテムに使われているのでしょうか?

Instagramからグログラン生地のおしゃれなアイテムを集めました!あなたなら、どんなアイテムを作りたいでしょうか。

 

リボンなど手芸・装飾素材

やっぱりグログラン生地の定番といえばリボンやテープなどの素材!手芸をしている人や、服飾に携わっている人は要チェックです!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

松村栄三子 │ 自宅起業プロデューサー・現役リボン講師/福岡(@emiriche)がシェアした投稿


手芸素材や資材として大活躍のグログランリボン。カラーが豊富なので、好きな色をいつでもストックしておきたいですね。実は柄のグログラン生地もあるため、柄のリボンも作れますよ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

リボン、ハンドメイド資材販売/ワイマルシェ(@ymarche_bymaisondey)がシェアした投稿


形状をキープしてくれるグログランだからこそ作れる、立体的なリボンです。2つの柄を組み合わせるのもオススメですよ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

りょっぴー(@ryoppy_jewelry)がシェアした投稿


グログランリボンに加工を施し、名入れにするのもおしゃれ!洗練された雰囲気が漂いますね。オリジナルのリボンは色々なシーンで活躍してくれそうです。

 

帽子やカバンなどの小物

帽子やカバンなど、上品でエレガントな小物を作りたいときにもグログラン生地がオススメ。特にレディースの帽子やカバンに使われることが多いです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

小島早苗(@kojiman_craft)がシェアした投稿


グログラン生地で作った上品なバッグです。黒なのでさらに上品な光沢を発していて、高級感あふれるアイテムに仕上がっていますね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ANALOGUE(@analogue_okinawa)がシェアした投稿


フォーマルになりすぎず、カジュアルにも被れるアイテムならキャスケットがオススメ!強みである形状キープ性で、キレイな形をずっとキープできますよ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

スモッキング刺繍アトリエ ココフィル(@ateliercocofil)がシェアした投稿


グログランのポーチは型崩れしにくく、使いやすいのが魅力。刺繍を入れられるため、デザイン性を高めることもできますよ。

 

上品な洋服やアウター

グログランは衣類に一切使えないというわけではなく、もちろん使ってもOKな素材。そのときは肌に近い衣類ではなく、インナーを着ることを前提としたトップスやスカート、アウターがオススメです!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

sai(@saisai_co)がシェアした投稿


カチッとしたスタイルにも、カジュアルなスタイルにも似合うアウターです。着たときのシルエットが綺麗なので、ヘビロテしたくなるかも!?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Malu(@malu.kurakuen)がシェアした投稿


裾のフレアがとても可愛いグログラントップスで、色味も爽やかで夏にピッタリ!洗濯で崩れやすいフレア部分もずっとキープできるのがグログランの魅力ですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

feerichelu/フェリーシェル(@feerichelu)がシェアした投稿


スカートなら、ドレープ性のあるスカートより、タックスカートのような「形」のあるものがオススメ!つやがあってより上品でエレガントなスカートになりますよ。

 

YAMATOMIオススメのグログラン生地

グログランリボンなら手芸用品店によく並んでいますが、実は大きなグログラン生地ってなかなかお目にかかれません。

生地問屋YAMATOMIではグログランを豊富に取り扱っているので、グログラン生地をお探しの方はぜひチェックしてみてください!生地サンプルを利用すれば、お手元で生地感を確かめることもできますよ。

ここでは、YAMATOMIオススメのグログラン生地をピックアップしてご紹介します。

 

ライトグログラン広巾

重厚感があり、凹凸によって作られる光沢感がとてもエレガント!レディースにはもちろん、メンズにも使いやすいですよ。

 

メモリーグログラン

ハリ感を軽減したい人にはこちら。比較的ソフトなグログラン生地です。発色が美しく、大人っぽく落ち着いたアイテムにお使いいただけます。

 

グログランサテン

美しいつやが特徴のグログラン調サテンです。肉感のあるしなやかな風合いと、上品な光沢に仕上がっており、よりエレガントさが際立っています!

 

30/‐グログラン

グログラン特有の凹凸のある表面感と、上品な光沢が印象的な大人な生地です。フォーマルなアウターやスーツにもオススメ!

 

C/N 60/40マウンパグログラン

どちらかといえばマットな質感があり、しっかりとした肉感ハリ感を持っています。高級感を演出してくれるので、コートや資材に向きです!

 

アイテムをワンランクアップさせてくれるグログラン

服飾のデザインって、素材1つ変わるだけで印象が大きく変化しますよね。同じアイテムでも、グログラン生地を使うだけでよりエレガントに見せてくれるでしょう。

「なんだか物足りない気がする…」

「イメージしていたものとは違うような…」

そんなときには、ぜひグログラン生地を取り入れてみてください。あなたの作りたいアイテムを、さらにワンランクアップさせてくれますよ。

 

生地の仕入れなら生地問屋YAMATOMIにおまかせください

生地問屋YAMATOMIでは、アパレルメーカー様はもちろん、個人のハンドメイド作家さまにも少ロットから短納期で生地を販売しています!とにかく種類が豊富なのが自慢です!

まずはサイトでどんな生地があるのかな~とチェックしてみてくださいね!また、オシャレなカフェ風のオフィスでは、実際に生地見本を自由に回覧することも出来ます。

● 創立70年老舗生地卸商の山冨商店が運営する仕入れサイトです
● 約50社のテキスタイルコンバーターとの正規取次問屋です
● 約8,500品番を取扱い、色・柄を含めると約120,000点から仕入れ可能です
● 全ての生地をWebサイトにカタログ掲載しています
● 生地の種類・素材・柄・目的に合わせて生地の検索ができます
● 5品番まで生地見本帳を無料で取寄せができます(中には有料のものもあります)
● 原反での仕入れはもちろん、カットオーダーで1m〜購入ができます(カットの場合カット賃がかかります)
● 大坂本町にあるショールームで全品番の生地サンプルを実際に触り見ることができます

また、山冨商店では IT × デザイン を時代にあわせて取り入れているので
生地の検索から画像を通しての生地確認、サンプル帳での生地風合い確認
生地のオーダー、見積書確認、正式の注文、決済まで流れるようにご利用が頂けます。


法人様・事業者様向けにビジネス会員をご用意しています。

生地問屋YAMATOMIでは、法人様や個人事業主様を対象にビジネス会員のカテゴリーをご用意しています。
ビジネス会員になると

● ビジネス会員価格で表示、購入ができる
● サンプル帳の取寄部数が7部まで利用できる
● 掛決済(Paid決済)を利用できる

など、価格面、支払い方法で事業者様にご納得頂けるサービスをご用意しております。

事業者様で継続したご利用をご検討のお客様は是非ご登録ください。
※ご登録後、Paid利用可能か審査を行います。Paidについてはこちらをご確認ください

● Webカタログ回覧&Web購入
https://yamatomi.biz

● ショールームスペースでのサンプル帳回覧
(大阪市中央区船場中央2-1-4船場センタービル2階 平日10:00〜16:30)
※ショールームでのご注文は承っておりません。サンプル帳の回覧のみとなります。
https://yamatomi.biz/user_data/company.php

● お問い合わせ
お問い合わせページはこちら
または info@yamatomi.bizまで


一覧へ戻る

山冨サイトへ戻る
  • facebook
  • twitter
  • instagram

PICK UP
  • ONE POLE MINI TARP(ワンポールミニタープ)で作る小さなくつろぎの空間

  • 生地サンプル見放題!生地問屋YAMATOMIショールームが更に使いやすく居心地の良い空間になりました★

人気の記事
    • 【繊維素材LABO】キュプラって何?特徴とメリット・デメリットまとめ | 山冨ラボ

    • 【生地LABO】ナイロンってどんな生地?ナイロンの特徴とメリット・デメリットについて

    • 洗濯しやすく使いやすい!シワになりにくい生地の種類と特徴

    • 天然素材なのに防虫効果!?ウコン生地の魅力と用途とは

    • 水着やレオタードに使われている生地の種類とその特徴とは?


Copyright © YAMATOMI All Rights Reserved.